読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊予灘ものがたり

他のブログからの引っ越しなので昔のことである。2015年11月に、道後温泉へ行ってきた。

広島の宇品港から松山へ向かう。途中で呉港により、艦艇を見る。

f:id:sollers:20170409200726j:plain

 

JR「伊予灘ものがたり」で昼食をとるため、朝一便の高速船で松山へ向かう。早朝の呉の工場風景。

f:id:sollers:20170409200727j:plain

 

午前10時過頃、JR「伊予灘ものがたり」へ乗り込む。

f:id:sollers:20170409200736j:plain

 

車外風景、色々。

f:id:sollers:20170409200732j:plain

f:id:sollers:20170409200731j:plain

 

橋の上で停まっている列車を外から見ると面白いが、車内から見ると今一つという感じである。橋の下を記念に撮っておいた。

f:id:sollers:20170409200733j:plain

 

予約がなかなかとれなくて、窓際の席だが、外の風景がよく見える。

f:id:sollers:20170409200730j:plain

 

さて、待望の弁当。酒もあり、地酒の利き酒セットを飲む。3種類あるが、一杯あたり僅かなので、あまり飲んだ気がしない。

f:id:sollers:20170409200728j:plain

 

車外の風景は今一つだが、途中の駅で休憩停車があり、外へ出られる。(2回程度)
地元産品の販売コーナーもある。

f:id:sollers:20170409200737j:plain

 

f:id:sollers:20170409200735j:plain

 

泊まったのは「道後館」。ここは2回目だが、部屋付き温泉の湯量が豊富なので気に入っている。
私はいつでも好きなときに入れる温泉付きの部屋が好きなのだが、あまり湯量の多くない温泉地は、がっかりすることが多い。
温泉付き部屋に泊まるのであれば、まず別府、玉造、道後など、湯量の豊富な温泉地に限る。
「道後館」は天気が良いと、夜空が綺麗で、オリオン座を見ながら温泉を楽しめる。長く入っていると流星も見えた。

f:id:sollers:20170409200742j:plain

 

翌日は道後温泉本館を見学する。ここは見学のみのコースもあり、案内の説明付きで館内を見ることができる。ただ、館内は当然、撮影禁止である。本館正面は人が多いが、裏に回ると人が少なく、全景を撮ることができる。

f:id:sollers:20170409200743j:plain

 

ついでに松山城へ行く。

f:id:sollers:20170409200741j:plain

 

f:id:sollers:20170409200739j:plain

 

f:id:sollers:20170409200740j:plain

 

f:id:sollers:20170409200738j:plain


期待した「伊予灘ものがたり」は車外風景は今一つだったが、乗員の方々が熱心であり好感が持てた。